売上・利益を最大化する飲食店開業:建築管理担当者との連携がカギ!

飲食店開業にはたくさんの様々な人が関わることになります。
そのたくさんの関係者とうまく連携しコミュニケーションをとることが飲食店開業の成功への鍵となります。

そのたくさんの関係者ともっとも関わり合い、キーマンとなるは「建築管理担当者」です。
「建築管理担当者」がどのような関係者と関わっていくかみていきたいと思います。

「建築管理担当者」とは
出店者に代わって、 物件調査、設計・施工の管理、予算管理、工期管理を行い、それぞれの段階での多くの関係者を取りまとめ、目標の店を造ってくれます。いわゆる、飲食店づくりのプロデューサーであり、コーディネーターです。

出店者は、オープンに向けて、準備することがたくさんあります。
集客方法の見直し、メニュー開発、仕入れ先の選択、従業員の募集、接客や調理のトレーニング、営業許可の手続きなどなど。
建築管理担当者と組むことによって、出店者は、オープンに向けての準備に集中できます。
建築管理担当者を味方につけ、飲食店開業の目的である売上・利益の達成のために開業を成功させましょう。

まずは、開業の流れを把握しましょう。

飲食店開業に携わる関係者と建築管理担当者

社内関係者
ある程度大きな組織の外食企業では分業が進んでおり、物件開発、商品、営業、販促、経理など多くの部署・担当者が存在します。出店会議や進捗報告会議といくつかの会議があり、それに加え、工事が始まると現場定例打合せにも参加します。

社外関係者
社外の関係者としては、貸主、仲介業者、設計者、工事施工会社、厨房機器会社、飲料メーカー、備品会社、保健所や消防署などがいます。さらに商業施設に出店する場合、施設側の営業担当者や内装管理室、A工事・B工事・C工事の施工会社など、多くの関係者が加わります。

プロデューサーとコーディネーターとしての役割
建築管理担当者は、店舗づくりのプロデューサーであり、コーディネーターでもあります。
出店者のコンセプトや事業計画を理解し、来店客や従業員のことを考えた設計を行い、工事を完了させます。
加えて、これらの多様な関係者と効果的にコミュニケーションを取り、コントロールしながら、予算内・工期内で店舗を完成させ、開業することが求められます。開業までには数々の問題や課題が発生しますが、それらを乗り越え、たくさんの関係者に対応しながら目標を達成しなければなりません。

しかし、目標とする店舗づくりができただけでは、成功とは言えません。

飲食店開業の成功とは。そのためには・・・

飲食店を開業し、少なくとも事業計画通りの売上や利益を達成することが最終的な成功です。
そのためには、関係者に出店者の目標を理解してもらい、連携し協力して進めていかなければなりません。
建築管理担当者は、その中心に立ち、全体を見渡しながら店舗づくりを進行させる重要な役割を担っています。

飲食店開業を目指している方々や関係者の皆様へ

飲食店開業までの成功の鍵は、キーマンである建築管理担当者を味方につけることです!
そのために、飲食店開業までの全体の流れを意識して、コミュニケーションをとっていきましょう!